建築パース

家を新築したり、昨今流行しているリフォームを行なったりしたことのある方なら、新たな家の設計やデザインを計画する際に、完成予想図を見たことのある方も大勢いらっしゃると思います。
また、オフィスビルやデパート、百貨店やホテルなどの新築や改築などを行なっている工事現場でも、柵の表面に、完成予想図や俯瞰図が描かれていて、この建築物が出来たら、こんな風になるのか、とイメージを沸かせたことがある方もいらっしゃることでしょう。
その完成予想図や俯瞰図のことを、建築の言葉では、建築パースと呼びんでいます。

建築パースは、他のスケッチ画や街並みを描いた絵と違い、まだ出来ていない建築物を予想して描くものです。

しかも、建築物の大きさや形状、色などが実際の完成された建築物とほぼ同じに出来ていなくてはなりません。

もちろん、背景を含めた環境も、建築パースに描かれていたものと実際の建築物があまりに異なり過ぎては、その建築物を今後利用したりする人や、周囲に住む方々を落胆させてしまうかもしれません。
ですから建築パースは、出来ていないものを、出来た時とほぼ同じように描かなければならないという特徴を持っています。
これはなかなか難しく、普通にスケッチしただけではできない技術が必要となります。

また設計師が描いた設計図を基にして建築パースを描いていくわけですから、その設計図を読み取る力も必要となります。
そのため建築パースは、デザインを専門的に学んだ方が描くことが多いようです。

とはいえ、建築パースにもパソコンによる技術革新が訪れ、デザインを専門に学んでいない人でも建築パースを描けるようになりました。
まだパソコンを使わない頃は、水彩画の手書きが主流でした。

建築パース屋

遠近法を用いて、専門に学んだ方が描いていたため、「パース屋」と呼ばれたり、建築パースを専門に描く会社が存在したりしていました。
一方で現在は、パソコンソフトの開発により、多くの人が手軽に簡単にすぐその場で、建築パースを描けるようになってきました。
そのため、今では建築パースだけを専門に描く会社は、なかなか運営が難しくなってきています。

ですが、ユーザーとしては便利になり、ある程度の設定を打ち込んで基本となる図形を書き入れ、材質や形状を指定すれば、即座に建築パースを表示することが出来ます。
また背景の変更も容易に行えますし、出来た建築パースを回転させることもできます。

建築物の後ろ側からの絵を見ることが出来たり、横や斜めからの絵を見たりすることも簡単にできるということは、手描きの建築パースではできなかったことです。
さらに今では、パソコンで建築パースを描くだけでなく、合成写真を利用して建築パースを描くこともできるようになりました。

合成写真を利用した建築パースは、非常にリアリティがある上に、かかる費用も低く抑えることが出来ます。
ですから、パンフレットに掲載したりチラシに印刷したりする場合には、建築パースに合成写真を利用するケースが増えてきました。

合成写真を利用した建築パースは、印刷会社が主に作っているため、パンフレットやチラシの作成には非常に便利になっているという一石二鳥も狙っています。

とはいえ、手描きの建築パースの方が温かみもあり、また与える印象が柔らかく好感が持てるため、水彩画の建築パースを好んで使用する方も大勢いらっしゃいます。
参照:建築業界奮闘日記

大手百貨店や大型スーパーなどでは、出来たイメージが利用者に好まれるかどうかが大きく影響しますから、予算が許すなら、手描きの建築パースがお勧めではないかという方もいらっしゃいます。
建築物のケースに応じて、手描きやパソコンを使った3Gの建築パース、合成写真を利用した建築パースと使い分けるのが、最もよい使い方かもしれません。

商業施設 建築パース 商業施設建築パース、インテリア建築パースまで多岐に渡り制作が可能です。

建築パースの会社

建築パースはよくマンションの宣伝などで見ますが、新規の興行施設などでも宣伝広告を見ました。大型の施設などでは建築パースも大型のものがありますね。
最近近所に複合型の大型興行施設ができましたが、走行中の車内からでもすごくわかりやすい建築パースがありました。
確かにCG加工されて建築予想図とはあるものの、未来にこういった物ができるとわかりやすいですよね。

建築パースを作成してくれる会社はいくつかありましたが、その中でシェルパという会社がありました。このシェルパは感動できる臨場感、そんな空気が伝わるビジュアル表現を宣伝文句に建築パースや各種CGなどを提供しています。
他にアニメーションも提供しており、顧客にどうやったら提供するものをわかりやすく表現出来るか、そういった命題に対して努力している会社です。
他の制作物としてはWEB用のCMや会社案内用のCMなども制作可能になっています。
商業施設のCG製作例のギャラリーも見ることができますので、どういったものを作成してくれるか参考にみるのも面白いと思いますよ。
イラストも可能ですし、写真との合成も可能みたいです。

この建築パースを作成してくれます株式会社シェルパという会社は福岡県にあります。

九州にある会社ですが、メールによる納品が主な納品方法になっているだけあって、全国での注文を受付可能になっています。
建築イメージを鮮明にするには、やはりCGなどによる表現方法がいいものです。
こういった建築パースを作成することで、社員顧客双方にイメージが作りやすくなります。社員のやる気向上にも役にたっているようでした。

この建築パースを作成してもらった顧客の声を見ていると、良い評価が多かったですね。短期間で高クォリティの作品が期待出来そうです。
実際他の会社には断られたが、このシェルパなら大丈夫だったという例もあるみたいです。
やはりどうせ注文するのでしたら、高いクォリティで安定したコストで作成してくれる会社に頼りたいものです。