優秀な建築物

建築業協会の初代理事長、竹中籐右衛門氏が、優秀な建築物は設計だけでなく、建築主の理解や施工者の施工技術が欠かせないという考えを持った方だったため、このような3者に贈られるようになりました。
授賞対象は、日本国内の建築物で、1年以上の使用があるものに限られています。
また選考委員は、学者やゼネコン関係者となっているのも特徴的です。
BCS賞を受賞した建築物は、2008年(平成20年)の第49回大会までに782件となっています。
受賞した作品の建築主にはパネルが贈られることになっているので、受賞建築物にはこのパネルが貼り付けられています。
その他、日本の建築に関わる賞としては、新建築賞があります。
言ってみれば、建築家の新人賞ともとれる賞で、登竜門的存在となっています。
もともとは吉岡賞といわれており、1987年から始まりました。
現在の新建築賞と改称されたのは2008年度で、建築雑誌「新建築住宅特集」の新人賞として表彰されています。
もともと吉岡賞は、この雑誌「新建築」の創刊者である吉岡保五郎氏の名前に由来していました。
授賞対象作品は、住宅作品となっており、建築設計に関して、新たな展開の可能性を感じさせる新人を奨励することが目的です。
2009年の第25回となる受賞作品は、若松均氏と武井誠・鍋島千恵の両氏の2作品3氏となっています。
後に日本建築学会賞作品賞を受賞した千葉学氏や手塚貴晴・手塚由比氏も、この新建築賞を受賞していました。
その他にも、国や地方公共団体等が施工した公共性の高い建築物を表彰する、社団法人公共建築協会が設けている公共建築賞、北海道が主催する赤レンガ建築賞や大阪市や大阪府、社団法人大阪府建築士会が主催する大阪都市景観建築賞などの地方都市ごとの建築賞もあります。
また、村野藤吾賞や吉田五十八賞といった個人を記念する賞もあります。

Comments are closed.