建築

建築はもともと、雨や雪、雷などの自然災害や動物からの攻撃などから身を守るため、何かしらの方法で住む方法を作りはじめたのが、建築の始まりでした。
それが、集落をつくり、社会が出来始めるとともに、生活上の必要に迫られた点から、上限関係や貧富の差、権威の誇示などの目的が建物の建築の際に付け加わってきて、多種多様な建築物が出来上がるようになっていきます。
そしてさらに社会が成熟してくると、建築に芸術性を求めるようになっていきました。
独創的で個性的なデザイン、強固で安全だけれどおしゃれな建築材料などです。
これらには、その時代時代を生きた人々の価値観や生活スタイルが大きく反映されているので、時代や地域によって、全く異なるものになっていました。
さらに時が過ぎると、次第に独創性や個性の表現が淘汰されるようになってきて、機能性も見直されてきます。
そのため、機能的かつデザインも良いというものが求められるようになってきました。
現代の建築は、機能とデザインの両面が素晴らしいものであること、また価格も手の届く範囲であることが大きな建築ポイントとなっています。
また現代の建築の特等的な建築物が、ビルです。
以前は技術の面や建築資材の面で不安があったため、高層ビルの建築は不可能でした。
しかし現在では、建築技術も建築資材についても、安心して使用できる頑丈さがあります。
そのことが、高層ビルの建築を可能にしました。
さらに、現代の建築には個々の住宅やビル、公共施設だけではなく、街全体、都市全体を建築するという視点も定着してきています。
建築は、人の生活にとってなくてはならない、非常に人間と密接に関係があることがわかります。

Comments are closed.