Archive for admin

日本の建築家

丹下健三氏は、1913年から2005年まで生存していた建築家で、「世界の丹下」とも称されるほど世界的に有名な建築家となり、日本でも世界に羽ばたいた建築家の第一人者です。
丹下氏が建築家として携わった作品は、広島の平和記念公園や東京オリンピック国立屋内総合競技場(現在の国立代々木競技場)、東京都の新庁舎をはじめ、大阪万博の際には中心施設となるお祭り広場の設計、津田塾大学図書館、立教大学図書館などの大学図書館、東京カテドラル聖マリア大聖堂、山梨文化会館、クウェートやブルガリア、メキシコなどの大使館、横浜美術館、幕張プリンスホテル、日光東照宮客殿・新社務所、東京ドームホテルなど、多数あります。
特に広島の平和記念公園の建築においては、原爆ドームを象徴として残すように設計したのは丹下氏の案ですし、東京オリンピック国立屋内総合競技場は、その出来の素晴らしさは世界的に認められたものでした。
また丹下氏は建築家として建築物だけでなく、多くの都市計画にも参加しています。
戦後の復興においては、福島市や北海道稚内市の都市計画を手掛けた他、アメリカやイタリアなど、多数の国の都市計画も手掛けました。
ナポリ市の新都市計画やフランスのセーヌ川左岸都市計画、ナイジェリアの新首都アブジャ都心計画、台湾の台中市千城商業地区、ベトナムのホーチミン市新都市計画も、丹下氏が手掛けたものです。
丹下氏が受賞した賞は、1965年にRIBA(王立英国建築家協会)のゴールドメダル、1966年にアメリカ建築家協会(AIA)のゴールドメダル、1987年プリツカー賞、1993年高松宮殿下記念世界文化賞建築部門賞などを受賞、勲章としては、従三位勲一等瑞宝章、文化勲章、フランス政府からはレジオンドヌール勲章を受章しています。
この丹下健三氏の弟子で、世界的な建築家となったのが磯崎新氏です。
磯崎新氏は、1931年に生まれ、現在も活躍されていらっしゃる建築家です。
装飾性や折衷性、会場性などの回復を目指したポストモダン建築の牽引者で、1970年代以降の日本の建築を引っ張ってきた方ですが、賛否両論を巻き起こすような批評が付きまとっていた方で話題も多くあります。
ですが、磯崎新氏が建築した建築物は、つくばセンタービルやカザルスホール、東京グローブ座、東京基督教大学礼拝堂、京都コンサートホール、なら100年会館など、多数の建築作品を多方面にわたっています。
またその活動は日本国内にとどまらず、ロサンゼルス現代美術館やバルセロナにあるパラウ・サン・ジョルディ、オーストラリアのボンド大学図書館、中国の中央美術学院美術館など世界的にも活躍しています。
そして師の丹下健三氏同様、磯崎新氏も都市計画に関わることも多くあります。
現在は中国や中東、ヨーロッパなどの海外を中心に主に活動されており、特異な空間を作り出すことに心を砕いておられます。
さらに現代の日本を引っ張る建築家といえば、安藤忠雄氏です。
安藤忠雄氏は1941年に生まれた、現在68歳になる建築家で、東京大学の特別名誉教授の他、イェール大学客員教授、ハーバード大学客員教授なども務められています。
大阪出身で、現在も神戸や大阪を中心に活躍されていらっしゃいます。
安藤忠雄氏の建築は、主に個人住宅を多く手掛けてきていますが、大阪心斎橋や神戸北野町の商業施設の設計も行なっています。

標準化された計画や設計

またシステム建築は、長年にわたる建築のデータベースをもとに、標準化された計画や設計を行なっています。

ですから、多くの情報をもとに合理的で経済的な設計が可能になっています。

そのため、低コストの上短期間で建築が出来ても、決して手を抜いているわけではなく、信頼できる情報をもとに緻密に計算された方法を用いているので、安心しても大丈夫です。

さらに、建築材料はできるだけのものを、工場で集中的に生産していますので、高品質ながらも低コストということが実現できています。

実際の建築現場で加工したり制作したりする建築材料が最小限にとどめられていますので、職人でなくてもできます。

もちろん、こういった設計から建築材料の準備、施工手順から実際の施工技術までは、コンピュータによって徹底的に管理されています。

実際に目に見える部分はとても簡単そうに見えますが、最も安全で高品質かつ効率的な生産体制となるよう、計算されつくされている建築方法となっているのです。

そのため、システム建築では高品質の商品を短い期間でしかも低コストということが実現できているというわけです。

しかもシステム建築で建築することのできる商品は幅広く、施工主の希望がどのようなものであっても、たいていの建築物に対応できるようになっています。

そのため、施工主の側も、建築設計事務所の選択や施工会社の選択などといったわずらわしさを解消することができます。

システム建築は、現代の生活様式に合った建築方法といえるでしょう。

CGパース

今や、多くの人が簡単にパソコンで建築パースを描けるようになりました。
コンピュータを使って設計をするのを助けてくれるソフトのことをCADシステム(略してCAD)と呼びますが、建築パースを描く上で基本的なCADといえば、Jw-CADになります。
Jw-CADは、二次元用のCADで、開発に設計師が参加したり、フリーソフトであるということや操作性が良いということで、多くの設計者が好んで使い、建築パースの作成などの建築設計に広く使われているCADです。
Jw-CADを使って最も簡単に建築パースを描く方法は、次のような手順になります。
まずは、Jw-CADをダウンロードした際に添付されてくるサンプルにある、建築物の平面図や立体図を用いて、データを変えます。

大きな公共建築物

大きな公共建築物ではないですが、コンクリート打ちっぱなしと幾何学的なデザインは、独自の世界を確立し、世界的に高い評価を受けています。
授賞された賞は、1979年に日本建築学会賞作品賞を初めとし、1989年にはフランス建築アカデミー大賞、1995年にプリツカー賞、 1996年に高松宮殿下記念世界文化賞、1997年にRIBAロイヤルゴールドメダル、2002年にAIAゴールドメダル、2005年にUIAゴールドメダルなど、多数の賞を受賞していらっしゃいます。
安藤忠雄氏は、個人住宅はもちろんのこと、表参道ヒルズやアルマーニ・テアトロ、ピュリッツァー美術館、ユネスコ本部の瞑想の空間を初めとして多数の建築にもかかわっておられます。
また現在も造られている、氏の建築設計をした作品には、東京スカイツリーやアラブ首長国連邦のアブダビ海洋博物館、水戸市大工町再開発プロジェクトがあります。

建築

建築はもともと、雨や雪、雷などの自然災害や動物からの攻撃などから身を守るため、何かしらの方法で住む方法を作りはじめたのが、建築の始まりでした。
それが、集落をつくり、社会が出来始めるとともに、生活上の必要に迫られた点から、上限関係や貧富の差、権威の誇示などの目的が建物の建築の際に付け加わってきて、多種多様な建築物が出来上がるようになっていきます。
そしてさらに社会が成熟してくると、建築に芸術性を求めるようになっていきました。
独創的で個性的なデザイン、強固で安全だけれどおしゃれな建築材料などです。
これらには、その時代時代を生きた人々の価値観や生活スタイルが大きく反映されているので、時代や地域によって、全く異なるものになっていました。
さらに時が過ぎると、次第に独創性や個性の表現が淘汰されるようになってきて、機能性も見直されてきます。
そのため、機能的かつデザインも良いというものが求められるようになってきました。
現代の建築は、機能とデザインの両面が素晴らしいものであること、また価格も手の届く範囲であることが大きな建築ポイントとなっています。
また現代の建築の特等的な建築物が、ビルです。
以前は技術の面や建築資材の面で不安があったため、高層ビルの建築は不可能でした。
しかし現在では、建築技術も建築資材についても、安心して使用できる頑丈さがあります。
そのことが、高層ビルの建築を可能にしました。
さらに、現代の建築には個々の住宅やビル、公共施設だけではなく、街全体、都市全体を建築するという視点も定着してきています。
建築は、人の生活にとってなくてはならない、非常に人間と密接に関係があることがわかります。

優秀な建築物

建築業協会の初代理事長、竹中籐右衛門氏が、優秀な建築物は設計だけでなく、建築主の理解や施工者の施工技術が欠かせないという考えを持った方だったため、このような3者に贈られるようになりました。
授賞対象は、日本国内の建築物で、1年以上の使用があるものに限られています。
また選考委員は、学者やゼネコン関係者となっているのも特徴的です。
BCS賞を受賞した建築物は、2008年(平成20年)の第49回大会までに782件となっています。
受賞した作品の建築主にはパネルが贈られることになっているので、受賞建築物にはこのパネルが貼り付けられています。
その他、日本の建築に関わる賞としては、新建築賞があります。
言ってみれば、建築家の新人賞ともとれる賞で、登竜門的存在となっています。
もともとは吉岡賞といわれており、1987年から始まりました。
現在の新建築賞と改称されたのは2008年度で、建築雑誌「新建築住宅特集」の新人賞として表彰されています。
もともと吉岡賞は、この雑誌「新建築」の創刊者である吉岡保五郎氏の名前に由来していました。
授賞対象作品は、住宅作品となっており、建築設計に関して、新たな展開の可能性を感じさせる新人を奨励することが目的です。
2009年の第25回となる受賞作品は、若松均氏と武井誠・鍋島千恵の両氏の2作品3氏となっています。
後に日本建築学会賞作品賞を受賞した千葉学氏や手塚貴晴・手塚由比氏も、この新建築賞を受賞していました。
その他にも、国や地方公共団体等が施工した公共性の高い建築物を表彰する、社団法人公共建築協会が設けている公共建築賞、北海道が主催する赤レンガ建築賞や大阪市や大阪府、社団法人大阪府建築士会が主催する大阪都市景観建築賞などの地方都市ごとの建築賞もあります。
また、村野藤吾賞や吉田五十八賞といった個人を記念する賞もあります。